Original

【できるよシリーズ】ハロウィン仕様のフレークステッカーを印刷しました

本日10月31日はハロウィンの日ということで、今回はグラビティならではのオリジナルグッズとして、フレークステッカーのハロウィンVer.を作ってみました。

 

フレークステッカーとは?

「フレークステッカー」とはサイズが小さく、ひとつずつカットされているステッカーのことを言います。ひとつの大きさが親指くらいのサイズで、一般的に1種類だけではなく、10〜20種程度のステッカーをひとまとめにして販売しています。

コーンフレークの小さい薄片のようなステッカーの集まりということで「フレーク」という名称がついています。

小さいステッカーが多いので、メッセージカードや手紙に装飾として貼ったり、封筒の封かんなどにも使えたり、様々なペーパーアイテムのアクセントに使えます。

 

ハロウィンのフレークステッカーを作りました

12種のフレークステッカー

まずは中身のフレークステッカーから作っていきます。ちょっと時間がなかったので今回は素材を利用して12種だけ作ってみました。

 

用紙の材質はステッカー印刷で最もポピュラーなアートタック73kgに、PPのコーティングをしてツヤを出しています。仕上げにはプロッターを使用してひとつずつカットを行います。人型のカッティングも円形のカッティングもプロッターを使ってキレイに抜くことができました。

 

パンプキンやドラキュラも可愛らしく仕上がりました。

 



外側のケースも作ります

次に外側のケースを作っていきます。こちらもプロッターを使って型抜きを行っていきます。周りののりしろ部分を含めたカットと、真ん中のカボチャの窓をくり抜きます。またのりしろ部分の折りスジもプロッターを使ってつけていきます。

くり抜いたカボチャの窓の中にOPP袋に封入されたフレークステッカーが入ります。

ケースはマットコート220kg の厚紙を使用して、ハロウィンでお馴染みのオレンジが映えるように、マット調の落ちついた仕上がりで印刷しています。

 



完成!

OPP袋に封入したフレークステッカーをケースにはさみ、周りを組み立てて完成です。ステッカーは12種、各2枚ずつ、計24ピースを封入しています。

「Trick or Treat(トリック オア トリート)」のかけ声とともにやってくる子どもたちに、お菓子と一緒に渡して喜んでもらえる、可愛らしいフレークステッカーが出来ました。

 

まとめ

今回はハロウィンに合わせたグッズを作ってみました。フレークステッカーは様々なツールに装飾ができるので、使い勝手も良く子どもから大人まで幅広く人気があります。

興味のある人は下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

印刷のご相談もなんでも承ります。「こんな印刷できる?」「後加工とかもやってもらえる?」などなど...何でもお問い合わせください。
一緒に素敵なグッズを作りましょう!

CATEGORY(カテゴリー)

ABOUT BLOG(このブログについて)

私たち「glavity(グラビティ)」はフライヤー・ステッカー・ポストカード・名刺などを中心に、ノベルティやグッズの制作を得意としている印刷会社です。

「グラビティならこんなことできるよLABO」では、glavity(グラビティ)で制作した商品の紹介や、印刷・データ制作のまめ知識、またノベルティ制作のヒントになるアイデアなど魅力的なコンテンツを配信していきます。

会社情報

人気記事

この内容で送信します。よろしいですか?